ちょっとした事故でも修理代は高額になります。

昨年の春のことです。
少しはなれた桜の名所にお花見に行ったときに、駐車場を離れていたときに頭から駐車をしていた車にバックの際に軽く当てられました。


幸い、相手方はは私が戻るまで待機していてくれ当て逃げと言うことにはならずに済みました。
自分の車の被害状況を確認するとほとんど目立った被害も無いようでしたが良く見るとナンバープレートとバンパーに相手方の車のバンパーの打痕後が付いていました。


バンパーの傷はコンパウンドで磨けば直る程度の傷でしたのでナンバープレートとコーティング処理が気になったので相手方にはその旨をお話しして、弁償はしてくれる方のようでしたので免許証の確認と欄楽先を教えてもらいその場で分かれました。


バンパーだけなら自分でコンパウンドを使ってと思いもしたのですが、ナンバープレートのこともあるのでディラーさんに持ち込み見積もりをお願いしたところこれが驚きでした。


まずナンバープレートは交換(陸運局にて再発行みたいな処理が必要とのこと)これは仕方がないこととして驚きはバンパーでした表面を磨いただけで大丈夫と思っていたのですが、ディーラーさんによるとバンパーは磨いても跡が残るので脱着して再塗装が必要とのことでした。


見積もり金額は7万6千円、2万円以内と思っていた私はぶつけた相手もまさか7万円を超えるとは思っていないだろから相手のこと永任意保険入っているか心配をしました。


幸い相手方は任意保険に入っているとのことでしたので保険屋さんに相談してみると返事をいただきました。


この時点で保険屋さんがこの見積もりにクレームつけられたらとの心配もありましたが、相手方から連絡があり保険対応可能との連絡が入りディーラーさんに修理のお願いをしました。(ディーラーさんに修理依頼をするとこういうときは、その後は保険屋さんとディーラーさんの間でいろんな処理をしてくれるので経験上便利なんですよね)


暫くして修理(そんな大げさなものではないですが)も完了して引き取りに行くと、ディーラーさんから相手方から振込みありましたと言われ保険屋さんからですかというと、事故の相手方さんですと言われました。


詳しく聞いてみると、相手方は7万程度であれば今後の保険の免責と割引料率低下を保険屋さんと相談して保険を適用しないほうがお得と判断したとのことでした。


今回は自分か起こした事故ではないので出費はなかったですが、もし自分が起こした事故ならちょっとした事故でも結構高額な修理代が発生するのと事故の処理について誰に相談するかも考えとやはり任意保険に加入しておくべきと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です