次があるかも、を意識して運転を

 テレビや新聞を見ると、毎日のように自動車事故の話題を聞きます。

ひき逃げや衝突など、目を覆いたくなるような事故が後を絶ちません。死亡事故とまではいかなくとも、物損被害や軽衝突であれば日常茶判事かもしれません。しかし自分たちがその関係者になろうとは、あの日まで微塵も考えていなかったのです。


 私が大学生の時、正月に、母、叔父、祖母と3人で近くのファミレスで食事をしました。

帰り際、「たまにはY(母の名前)が運転してみるか」という叔父の一言で、母が運転することになりました。いつもは叔父が運転しています。母は、5年前車を売却して以来、一度も運転していませんでした。ファミレスまでの距離が近いこともあり、4人が納得して母が運転する流れになりました。


 母の運転は、ブレーキやカーブに鈍っている箇所があったものの、大方うまく行きました。自宅までの距離はもう近く、誰もが何事もなく帰路につけると皆が思っていました。

その矢先、悲劇は起きました。対向車とすれ違いになるときに、歩行者の男性の腕に車が軽く接触してしまったのです。補助席に座っていた私から見て、その歩行者は歩きスマホ状態でした。

「ボンッ」という音に気づいた私は、それを家族に報告しました。歩行者は、去っていく私たちの車のナンバーを、スマホで撮りました。


 母はすぐさまその場に縦列駐車をし、その歩行者を呼び止めました。

そして、話し合いになりました。話し合いは、母、叔父、歩行者の3人で勧められました。(私と祖母は車内で待っていました。)のちに話の内容を聞くと、その歩行者は美容師であり、腕を軽く打撲したとのことでした。

職業柄、腕の怪我は損失であり、損害賠償を請求して来られました。損害賠償金の額は5万円ほどでした。それで3人が納得したのです。

しかし後で聞いた祖母が、その額に不満を漏らしました。「その人(歩行者)、当たり屋じゃないの?」確かに、歩行者が美容師であるという証明はありません。

名刺も、「今日は身につけていない」とのことらしいのです。しかし、渡してしまった金額を取り消せるはずもなく、この件は終わったのでした。しかしこの日の出来事は、今も家族の中でモヤモヤした状態です。

正月になると、いつも思い出します。もしかして、歩行者の方にとってもそうなのかもしれません。

今考えると、どうしてあのとき、「民事裁判所に相談して示談金を決定する」という判断ができなかったのか。「事故問題の仲介業者を呼ぶ」という判断ができなかったのか。今でも後悔しています。

車両保険で全損

軽症の人身事故、自損事故以外は交通弁護士にお願いしましょう。

慰謝料の種類には3種類の慰謝料があります。1番安い慰謝料が自賠責保険慰謝料です。次が保険会社慰謝料です。

保険会社慰謝料は自賠責賠償金の範囲内では払えない分を補う為にあるので、1番多く慰謝料が貰えるのが、裁判所慰謝料【弁護士慰謝料】です。

弁護士を選んで裁判を訴えたら、過去の範例と裁判官の感情次第で慰謝料【賠償金の金額】を決めることができるからです。軽症の人身事故、自損事故以外は交通弁護士をネット検索するとたくさん記載してあります。

交通弁護士を選んで決めてください。むち打ち症の人には効率良く多く慰謝料が貰える為に必要な通院、入院の方法があるので、それも、ネット検索で【うまくいくむち打ちの通院、入院方法】と検索すると良いと思います。

交通弁護士を探す為の検索ワードは【被害者から良い弁護士と思われてる弁護士】とか【被害者から評判の良い弁護士】とかで検索すると良い弁護士が見つかると思います。

絶対に保険会社が紹介する弁護士を選んではダメです。自分でいろんな弁護士にある程度簡単なことを質問をしてみて、自分で弁護士を選んで決めてください。

着手金は無料で成功報酬が出たら、初めて弁護士費用を払うことが良い弁護士なので、ある程度の弁護士費用は相場が決まってますので、そういうのもネット検索するとわかりますので、自分の為になることは自分で調べてから、評判も調べてから、決めるのが良いと思います。

自賠責保険にしか入ってなかったら、通院、入院の慰謝料の限度額は175万円までです。保険会社賠償金は自賠責保険賠償金が補うことができない分を払う為にある賠償金です。

弁護士を使えば、裁判官の感情をうまく掴むことも慣れてたら、武器になってます。賠償金の限度額は裁判官の感情次第で金額が変わります。

保険会社には限度額があるので、やっぱり、重症の人身事故や事故のせいで亡くなったり、体が不自由になった時は弁護士を選んで裁判をした方が良いと思います。

自分の自動車保険の規約等々を隅から隅まで、全部読んでください。保険会社の中には規約がありますが、弁護士費用を保険会社が代わりに払うこともできる場合があります。

1番多く賠償金が欲しいと思っているなら、良いという評判の良い弁護士を選んで決めてください。貰えるお金が保険会社や自賠責保険は払わないことがあるので、やっぱり自分の為になることを選んで決めてください。

交通弁護士は人身事故等々の案件には慣れてますので、相談をしたら、だいたいいくらくらいなのかを判断することができます。

おかまを掘ったら被害者に過剰請求された話

数年前の土曜日の朝に私の運転で前の車におかまを掘ってしまいました。


当時咳が激しくマスクをつけて運転中むせまくって気がついてブレーキをかけましたが、寸前でちょっと当たってしまいました。


とりあえず、すぐに出て謝って、車を近くの「布団つゆき」の駐車場を借りて自己検証のために警察を呼びました。


同時に自動車保険にも連絡を入れて後は話し合いです。


相手は一般の若いカップルです。


警察はすぐに来てくれ丁寧に対応してくれました、ただ、ちょっと当たっただけで当然、車の損傷場所が見つからないのですが


とりあえず形だけでも誠意を見せようと思った私でしたが、相手の男性がバンパーがへこんだと猛アピールしています。


一応面倒くさい奴と見て私も証拠の写メを撮りました。警察も苦笑いで首をかしげてます。


同乗していた女の子は分かってないのに男性との声かけの時だけ「あ、なんか首が痛いかも」とむち打ちをアピールしてきました。


今まで1度も首を気にする素振りすらなかったのに、その1度だけ首を触りました、絶対嘘ですね、
分かっちゃいるけど、加害者の私は彼らのドツボにはまるしかないのです、腹立つけど…。


むち打ちなんか自己申告で病院の診断でいくらでも書いてもらえるので、もちろん2~3週間の安静が必要とまで書いてありました。


今まで、シートベルト、ウインカー、信号無視はしない、ゴールド免許だった私にとって、初めての事故です。


残念なのは、現場検証の最中に「布団つゆき」のスタッフが来て、話しかけてきたのです。


検証中にも咳き込んでいた私にかけた言葉は「どうせ携帯でもいじってたんじゃろう」と言い残してそのまま背を向けて店の中に入っていきました。


私の意見も聞かずに一方的に決めつけて消えてったのです。 残念ですがこの店には二度と行きません、この一言で。


後日4度にわたり請求書が来ました、治療代が主で保険でおりるとしても約60万ほど取られました。


人間も車も完全無傷でこんなにもぼれるんですね。

もしも私がこのタイプの事故にあい被害者の立場なら彼らのように自己申告だけで60万円もぼったぐれるなら、もらいたいですね。
だって、加害者にはなんの権利もないのですから。

長々と愚痴をこぼしてしまいましたが、今でも引きずってしまい、この文章を書いてあると、気持ちを分かってもらえたら、すこしはすっきりするんじゃないかと思い


投稿してみました、読んでもらえてうれしいです。

ちょっとした事故でも修理代は高額になります。

昨年の春のことです。
少しはなれた桜の名所にお花見に行ったときに、駐車場を離れていたときに頭から駐車をしていた車にバックの際に軽く当てられました。


幸い、相手方はは私が戻るまで待機していてくれ当て逃げと言うことにはならずに済みました。
自分の車の被害状況を確認するとほとんど目立った被害も無いようでしたが良く見るとナンバープレートとバンパーに相手方の車のバンパーの打痕後が付いていました。


バンパーの傷はコンパウンドで磨けば直る程度の傷でしたのでナンバープレートとコーティング処理が気になったので相手方にはその旨をお話しして、弁償はしてくれる方のようでしたので免許証の確認と欄楽先を教えてもらいその場で分かれました。


バンパーだけなら自分でコンパウンドを使ってと思いもしたのですが、ナンバープレートのこともあるのでディラーさんに持ち込み見積もりをお願いしたところこれが驚きでした。


まずナンバープレートは交換(陸運局にて再発行みたいな処理が必要とのこと)これは仕方がないこととして驚きはバンパーでした表面を磨いただけで大丈夫と思っていたのですが、ディーラーさんによるとバンパーは磨いても跡が残るので脱着して再塗装が必要とのことでした。


見積もり金額は7万6千円、2万円以内と思っていた私はぶつけた相手もまさか7万円を超えるとは思っていないだろから相手のこと永任意保険入っているか心配をしました。


幸い相手方は任意保険に入っているとのことでしたので保険屋さんに相談してみると返事をいただきました。


この時点で保険屋さんがこの見積もりにクレームつけられたらとの心配もありましたが、相手方から連絡があり保険対応可能との連絡が入りディーラーさんに修理のお願いをしました。(ディーラーさんに修理依頼をするとこういうときは、その後は保険屋さんとディーラーさんの間でいろんな処理をしてくれるので経験上便利なんですよね)


暫くして修理(そんな大げさなものではないですが)も完了して引き取りに行くと、ディーラーさんから相手方から振込みありましたと言われ保険屋さんからですかというと、事故の相手方さんですと言われました。


詳しく聞いてみると、相手方は7万程度であれば今後の保険の免責と割引料率低下を保険屋さんと相談して保険を適用しないほうがお得と判断したとのことでした。


今回は自分か起こした事故ではないので出費はなかったですが、もし自分が起こした事故ならちょっとした事故でも結構高額な修理代が発生するのと事故の処理について誰に相談するかも考えとやはり任意保険に加入しておくべきと思いました。